キヤノンは6月13日、8cmDVDメディアにハイビジョン映像を記録できるHDビデオカメラ「iVIS HR10」を、8月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は14万円前後の見込み。

 キヤノンは6月13日、8cmDVDメディアにハイビジョン映像を記録できるHDビデオカメラ「iVIS HR10」を、8月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は14万円前後の見込み。

 記録媒体に8cmDVDメディアを採用し、小型で省電力の動画用CMOSセンサー「キヤノン フルHD CMOS」を搭載することで、AVCHD規格対応のDVDビデオカメラとしては世界最小を実現したのが特徴。

 「キヤノン フルHD CMOS」は、ハイビジョン放送と同じ約207万画素(水平1920×垂直1080画素)の映像を高速でそのまま読み出すことができるほか、最低被写体照度3ルクスの高感度撮影が可能で、室内のイベントや夜景の撮影でもよりノイズを抑えた映像が撮影できる。

 また、AVCHD規格に対応した独自開発のコーデックを新たに採用し、ハイビジョン映像を8cmDVDに高圧縮で記録できる。最高画質の「XP+モード」で、片面2層DVDに最長27分のハイビジョン録画が可能。動画記録モードは、ハイビジョンで記録するHDモードに加え、スタンダード画質で記録するSDモードも用意。HDモードでは、XP+、XP、SP、LPの4つの画質モードから選べる。

 レンズは、高い解像力と光学式手ブレ補正機能を備えた光学10倍ズームの「キヤノン HDビデオレンズ」を搭載。また、高性能映像エンジン「DIGIC DV II」を搭載し、高品位で精度の高い色再現を可能にした。外部センサーとコントラスト検知によるオートフォーカス機能を備えた「ハイスピードAF」も搭載し、すばやいピント合わせと高いフォーカス精度を両立した。

 モニターには、明るい屋外でも見やすい広視野角・広色域に対応した2.7型ワイド液晶を搭載。薄型テレビなどにハイビジョン映像と音声をデジタルのまま劣化なく出力できるHDMI端子も装備した。使用可能なメディアは、8cmDVD-R/-RW/R DL。なお、静止画はディスクには書き込めず、miniSDメモリカードに記録する。大きさは幅62×高さ93×奥行き133mm、重さは本体のみで約503g。