東芝は6月12日、デジタルチューナー内蔵のHD DVDレコーダー「RD?A300」と「RD?A600」を6月末に発売すると発表した。「VARDIA(ヴァルディア)」シリーズの最上位モデルで価格はオープン。実勢価格は、300GBのHDDを搭載した「A300」が15万円前後、600GBのHDDを搭載した「A600」が20万円前後の見込み。

 東芝は6月12日、デジタルチューナー内蔵のHD DVDレコーダー「RD?A300」と「RD?A600」を6月末に発売すると発表した。「VARDIA(ヴァルディア)」シリーズの最上位モデルで価格はオープン。実勢価格は、300GBのHDDを搭載した「A300」が15万円前後、600GBのHDDを搭載した「A600」が20万円前後の見込み。


 HDD容量以外の主な仕様はいずれのモデルも共通。次世代DVD規格「HD DVD」に対応し、「HD DVD」ソフトの再生や、デジタルハイビジョン放送のHD DVD-R/-R DLへの録画ができる。従来のDVD-RAM/R/RWの記録/再生も可能。

 地上、BS、110度CSのデジタルチューナーを各2基ずつ、地上アナログチューナーを1基装備。HD DVD搭載機では初めてデジタルハイビジョン放送の2番組同時録画に対応した。

 従来の「VARDIA」シリーズでは、デジタル放送の2番組同時録画時に録画予約などの操作ができないという制限があったが、新モデルでは2番組同時録画時のHDD内別タイトルの再生や追っかけ再生、録画予約なども可能になった。さらに番組表の表示も高速化した。


 また、「VARDIA」シリーズで初めて「i.LINK」経由の無劣化ダビング(ムーブ)にも対応。i.LINK端子搭載の「VARDIA」やRDシリーズと接続すれば、接続したレコーダーのHDD内に保存したハイビジョン映像を、無劣化でダビングすることもできる。なお、i.LINKムーブに対応する機種は、RDシリーズの「RD-Z1」「RD-X6」「RD-T1」「RD-XD91」、「VARDIA」シリーズの「RD-XD92D」「RD-S600」の計6機種。

 このほか、番組検索機能を強化した。人名リストから選ぶだけで番組検索ができる従来の「人名リスト」機能に加え、時事キーワードにも対応。グルメ、ヘルス、スポーツなどの7つのテーマから選択して番組を検索できる「テーマ選択」機能を追加した。また、USB端子を備えており、ここにUSBキーボードを接続することで、番組タイトルなどの文字入力や修正をキーボードから行うことができる。本体サイズは両モデルとも幅430×高さ98×奥行き376mm、重さは「A300」が6.8kg、「A600」が7.6kg。