情報処理推進機構(IPA、藤原武平太理事長)は5月29日、コンピュータウイルスの感染予防や対策などに活用できるウイルス情報データベース「ウイルス情報iPedia」をサイト上で公開した。利用は無料。

 ウイルスやボットなどを中心に、それらの主な動作内容や対処法などの解析結果を公開するシステム。IPAが恒常的・継続的に受け付けているウイルスなどの届出情報を即時にデータベースに蓄積し、独自の「Zero Hour Analysis(ウイルス等迅速解析ツール)」を使用して情報を解析。ウイルス名のほか、ファイル名やプログラム種別、動作内容などの詳細な解析結果を公開する。

 トップページには、解析した最新のウイルス情報を表示。ウイルス名やファイル名を利用して検索することで、目的のウイルスに関する情報を見ることもできる。セキュリティベンダーによってウイルスの名称が異なる場合でも、複数の名前から検索することが可能。