三菱東京UFJ銀行(畔柳信雄頭取)とウォルト・ディズニー・ジャパン(星野康二社長)のインターネット事業部門ウォルト・ディズニー・インターネット・グループは5月28日、ディズニーならではのコンテンツを付加したオンラインバンキングサービス「ディズニーおさいふプラス」を開始したと発表した。

 三菱東京UFJ銀行(畔柳信雄頭取)とウォルト・ディズニー・ジャパン(星野康二社長)のインターネット事業部門ウォルト・ディズニー・インターネット・グループは5月28日、ディズニーならではのコンテンツを付加したオンラインバンキングサービス「ディズニーおさいふプラス」を開始したと発表した。

 「ディズニーおさいふプラス」は、「フレンドリー」「ファミリー」「バリュー」をコンセプトに、ディズニー絵文字が使えるスケジュール帳や天気予報など、ディズニーならではのコンテンツを取り入れたオンラインバンキングサービス。オンラインバンキングはPCと携帯電話の両方に対応し、口座開設時に発行されたキャッシュカードを使って、通常のATMなども利用できる。

 「フレンドリー」では、オンラインバンキングの金融取引機能を使用頻度の高い「振込・振替」や「取引照会」などに絞り込み、簡単に使えるように配慮。また、画面デザインにはディズニーのアートを使用し、パソコン版では、銀行用語をわかりやすく解説した「用語集」も設けた。

 さらにパソコン版では、洋服の仕立て屋経営をモチーフにした経営シミュレーションゲーム「マジカル・バザール」を提供。子どもから大人まで、お店の運営を経験しながらお金の大切さを学ぶことができる。携帯電話向けに、8月上旬から「マジカル・バザール」と連動したアドベンチャーゲームも提供する予定。パソコンと携帯電話を連動してエンターテイメント型学習コンテンツを楽しめる。

 ディズニーファンに嬉しい特典として、口座開設や継続利用などサービスの利用に応じて「マジックコイン」と呼ばれるポイントを付与するサービスも提供する。「マジックコイン」はディズニーの公式オンラインショッピングサイト「ディズニー・モール」でも獲得でき、貯まったマジックコインは、「ディズニー・モール」でポイントに応じたグッズと交換できる。なお、ポイントの付与は8月上旬から開始する予定で、7月末までに口座開設した人には先行ポイントを付与する。

 サービスの利用には、三菱東京UFJ銀行が新設する「ディズニーおさいふプラス」専用のインターネット専門支店「キャッスルタウン支店」での口座開設と、同支店を代表口座とする三菱東京UFJダイレクトの契約が必要。「キャッスルタウン支店」で開設する口座は原則「スーパー普通預金」となり、口座開設月を含む当初12か月間は無料、それ以降は、取引状況によって無料または月額315円の口座手数料がかかる。20歳未満の場合は、口座手数料不要の一般普通預金も開設できる。コンテンツ利用料は無料。