インデックス(小川善美社長)とNHK(橋本元一会長)は5月23日、携帯電話向けの新しい視聴用アプリケーション「Yomu.TV」(仮称)を共同で開発し、番組の観たいシーンだけを「検索する」「読む」「観る」という3つを組み合わせたサービスを開始すると発表した。

 「Yomu.TV」は、字幕放送で用いる字幕テキストをメタデータとして有効活用し、キーワードによる番組検索や、見たいシーンにピンポイントですばやくアクセスする機能を実現。これにより、携帯電話による動画視聴の新しいスタイルを提供する。

 例えば「検索する」機能では、番組に付加されている字幕放送用のキャプションをメタデータとして活用することで、番組名や各種キーワードによる全番組の検索、あるいは番組内のピンポイントのシーンの検索が簡単にできるようになる。

 検索によって選択した番組にも字幕放送用のキャプションが付加されているため、各シーン(静止画像)と連動したキャプションを電子ブック(紙芝居)のように閲覧することができ、番組コンテンツを「読む」という楽しみ方も可能となる。

 さらに、その中で気に入ったシーンを選択すれば、その部分を動画として視聴できる。ストリーミングで視聴することで、テレビ番組のような長時間の動画を見られるようになるほか、携帯電話にダウンロードすれば電波の届かないところでも視聴することが可能。

 同サービスは、携帯電話で動画を視聴する場合、長時間のコンテンツを限られた時間で効率よく能動的に視聴したいというニーズに対応するもの。アプリケーションの開発にあたっては、NHKは設計に関する技術情報とノウハウなどを提供、インデックスはその設計・制作を行う。携帯電話を通じて、放送番組を視聴者がオンデマンドで享受できるサービスを提供するアプリケーションの開発は、今回が初めて。