インターネットは、音楽の専門知識や楽器の演奏能力がなくても、素材を組み合わせるだけで作曲・編曲が行える音楽作成ソフト「MIXTURE(ミクスチャー) for Windows」を6月8日に発売すると発表した。価格は1万2600円。

 収録したフレーズ素材、伴奏パターン素材、コード進行の素材をマウス操作で組み合わせるだけで、オリジナル曲の作曲、編集が簡単にできる。フレーズ素材はプロミュージシャンの演奏フレーズをレコーディングしたものを含め計4000フレーズ、伴奏パターンは750パターン、コード進行素材は430パターンを収録する。

 また、従来のループシーケンスソフトでは実現不可能なコード進行素材を合わせて使用すれば、メジャーコードで演奏されるフレーズや伴奏パターンがマイナーコードで演奏されるフレーズや伴奏パターンに展開されるなど、より表現力の豊かな曲調や曲の流れを組み立てることもできる。

 ビデオや動画編集のBGM、ナレーションを作ったり、ボーカルやギターなど楽器のレコーディングも行える。制作した楽曲を音楽CD作成ウィンドウでトラックに登録すれば、簡単に音楽CDを作成できるほか、MP3やAACなど、携帯オーディオで再生可能なファイル形式で出力することも可能。

 このほか、PCのマイク端子にマイクを接続し、鼻歌を歌えば1音1音、音符を入力できる機能を搭載。入力した音符は内蔵のシンセサイザーから好きな楽器音を選んで演奏できる。対応OSはWindows Vista、XP、2000。