CGMマーケティング(CGMM、林郁社長)は4月25日、ブログへの広告掲載を望むブロガーと広告主をネット上で橋渡しするマッチングサービス「AD-Butterfly(アドバタフライ)」のβ版サービスを6月上旬に開始すると発表した。

 「アドバタフライ」は、ブロガーと広告主の双方が広告掲載に合意していることが前提となる「セルサイドアド」の手法を取り入れたマッチングエンジン。従来、広告マッチングサービスや検索サービスを通じてブログに配信される広告は、ブロガーが広告内容を選べないためブログの読者にも認知されない傾向があった。しかし「アドバタフライ」は、ブログの内容と広告のミスマッチを避けられるのが特徴。

 登録されたブログは、ブログ検索サービスを提供するテクノラティジャパンの技術などを活用し、他のブログからの被リンク数や記事の更新頻度、ページビューなどのブログデータを総合的・中立的に判断する「媒体価値(BAR=ブログアドランキング)」を算出。広告主がブログを選ぶ際の指標にできる。

 一方、ブロガー側も広告内容を選べるのに加えて、掲載広告にコメントを書き込める機能も搭載したので、ブロガーのコメント付き広告「コラボ広告」を作成しやすくした。ブロガー独自の視点が加わった情報は他のブログに伝わりやすいため、マスメディアと比べて読者数が限定されるブログの情報伝達を補うことができる。

 CGMMは今後、シックス・アパートなど複数のブログサービス会社のほか、共同出資会社の電通、アサツー ディ・ケイ、サイバー・コミュニケーションズなどの広告代理店と協力し、広告主のナショナルクライアント50社とブログへの広告配信のテストマーケティングを実施する予定。

 このテストマーケティングに先立ち、シックス・アパートと協力して「アドバタフライ」へのブログ登録の受け付けを4月25日に開始した。対象は同社のブログソフト「Movable Type(ムーバブル・タイプ)」の利用者。5月15日からは複数のブログサービス会社と協力し、ブログ登録キャンペーンを展開する。