日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4月16日、印刷時の振動を抑えるアンチ・バイブレーションシステムを搭載し、A4モノクロ文書で最高35枚/分の高速印刷と7500枚/月の耐久性を持つビジネス・インクジェット複合機「HP Officejet Pro L7580 All-in-One」をはじめとする、法人用インクジェットプリンタ合計6機種を発売したと発表した。

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4月16日、印刷時の振動を抑えるアンチ・バイブレーションシステムを搭載し、A4モノクロ文書で最高35枚/分の高速印刷と7500枚/月の耐久性を持つビジネス・インクジェット複合機「HP Officejet Pro L7580 All-in-One」をはじめとする、法人用インクジェットプリンタ合計6機種を発売したと発表した。

 ラインアップは、プリント、コピー、スキャン、ファクス機能を搭載した複合機「HP Officejet J5780 All-in-One」「HP Officejet Pro L7380 All-in-One」「HP Officejet Pro L7580 All-in-One」3機種と、普通紙への高速印刷に優れた単機能プリンタ「HP Officejet Pro K5300」「HP Officejet Pro K5400dn」「HP Officejet Pro K5400dtn」3機種。

 「J5780」は、コンパクトなきょう体にプリント、コピー、スキャン、ファクス、ADF(自動原稿送り装置)機能を搭載するオールインワン・プリンタ。A4モノクロ最高30枚/分、A4カラー最高24枚/分の印刷、コピーが可能。

 「L7380」は、4色独立のインクカートリッジを採用。A4モノクロ最高35枚/分、A4カラー最高34枚/分のプリント/コピーができる。「L7580」は、ネットワーク、自動両面印刷、大容量インクカートリッジに対応。読み込んだ原稿をPDF、JPEG形式でメモリカードやUSBメモリなどに保存できる。

 「K5300」は、4色独立インクを採用し、A4モノクロ最高36枚/分、A4カラー最高35枚/分の印刷が可能。普通紙でもレーザープリンタに匹敵する品質で印刷できる。「K5400dn」は、K5300に、ネットワーク、自動両面印刷、大容量インクカートリッジ対応の機能を盛り込んだ。「K5400dtn」は、「K5400dn」をベースに、250枚と350枚の給紙トレイを標準で装備する。

 ビジネス複合機の価格は、「HP Officejet J5780」が1万7850円、「HP Officejet Pro L7380」は2万4990円、「HP Officejet Pro L7580」で3万4860円。単機能プリンタの価格は、「HP Officejet Pro K5300」が1万9950円、「HP Officejet Pro K5400dn」が2万2890円、「HP Officejet Pro K5400dtn」は2万7930円。