GNジャパン(若林保司社長)は、Bluetooth対応のヘッドセットとBluetoothハブをセットにした「Jabra JX10+BTH」を4月23日に発売すると発表した。実勢価格は2万9400円前後の見込み。

 ヘッドセット部は、北欧デザインの先駆者ヤコブ・ヤンセンがデザインし、10gと軽いのが特徴。携帯電話やPCなどのBluetooth対応機器とワイヤレス通信ができる。自動ボリュームコントロール機能やミュートボタンなどを備え、通話は最大で連続6時間、待ち受けは最大で連続200時間まで行える。同梱のBluetoothハブを使えば、固定電話と携帯電話、固定電話とBluetooth対応PCなど、一度に2台の機器と同時に接続できる。

 同社は、3月1日に消費者向けヘッドセット事業と業務用ヘッドセット事業を統合し、ブランド名称を「Jabra」に統一。「Jabra JX10+BTH」は、携帯機器向け技術と固定電話向け技術を融合して製品化した。