松下電器産業は4月5日、同社製携帯オーディオ「D-snap」を急速充電できるSDコンポ「SC-PM770SD」「SC-NS550SD」を4月26日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「SC-PM770SD」が4万5000円前後、「SC-NS550SD」が3万円前後の見込み。

 松下電器産業は4月5日、同社製携帯オーディオ「D-snap」を急速充電できるSDコンポ「SC-PM770SD」「SC-NS550SD」を4月26日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「SC-PM770SD」が4万5000円前後、「SC-NS550SD」が3万円前後の見込み。

 SDメモリカードスロットを搭載し、パソコンを使わず簡単にSDカードに録音できるミニコンポ「D-dock」の新モデル。CDからSDカードに最大8倍速でダイレクト録音できる。

 さらにMDを内蔵した上位モデル「SC-PM770SD」では、MDへも最大7倍速で録音可能。CD部には、5枚連続再生などが可能な5ディスクチェンジャーを採用し、ワンボタンでSDカードにCD5枚分の楽曲を一気に録音することもできる。インターネット経由でCDのタイトル情報やアーティスト情報などを自動で取得してSDカードやMDに保存し、50音検索や編集を行うことも可能。

 このほか2機種共通の特徴として、同社製携帯オーディオ「D-snap」との連携を強化。同時発売する新製品「SD850N」を本体に差し込むだけで、急速充電できるほか、付属のリモコンで再生や停止などの操作をしたり、聴いていた曲の続きから再生したりすることもできる。別売りのワイヤレスオーディオキットを接続すれば、Bluetooth対応の携帯電話やパソコン内に保存した音楽も再生できる。

 音質面では、AACフォーマット録音時に失われた高域信号を再現する「SDオーディオ リ.マスター」や、低域部分を仮想的に再生し、豊かな低音を実現する「H・BASS」を搭載。「SC-PM770SD」では、低域用と高域用のスピーカーを別々のアンプで、それぞれの特性に合わせて駆動する「バイアンプ」も採用した。

 本体カラーは「SC-PM770SD」がシルバー、ホワイト、ブラウンの3色、「SC-NS550SD」がシルバーとホワイトの2色。サイズと実用最大出力は、「SC-PM770SD」が幅135×高さ237×奥行203mmで総合20W+20W、「SC-NS550SD」が幅127×高さ184mm×奥行き228mmで総合15W+15W。