京セラミタ(駒口克己社長)と京セラミタジャパン(井上俊二社長)、A3対応の業務用カラーレーザープリンタ「ECOSYS LS-C8100DN」を4月中旬に発売する。税別価格は44万8000円。

 出力速度はA4ヨコでカラー、モノクロともに毎分32枚。従来モデルよりそれぞれ毎分6枚スピードアップした。ウォームアップ時間は45秒で、従来の4分の1に短縮。さらに、長寿命化技術によって部品交換の頻度を抑え、カラー7.66円、モノクロ0.8円の低ランニングコストを実現した。

 現像部には、トナーの劣化を抑え、現像効率を高めることで、画質の劣化を防ぐ京セラミタ独自の「インタラクティブタッチダウン現像システム」を新たに搭載。自動両面印刷機能や不正コピーを防止する「地紋印刷機能」も標準装備する。

 このほかオプションで、研修資料やカタログなどの印刷物を簡単に作成できる自動ステイプル(ホッチキス止め)や、自動ブックレット(中綴じ)などの機能を持つフィニッシャーを搭載可能。プリント実行時にHDD内に作成された残存データを自動的に消去する「HDD上書き消去機能」や、SSLによる暗号化通信、ICカードによる個人認証などのセキュリティオプションも用意する。給紙枚数は標準で1200枚、オプション装備で最大4200枚。サイズは幅605×奥行き670×高さ680mm。