松下電器産業は4月3日、フルハイビジョン(フルHD)の撮影が可能なSDメモリカード方式のデジタルビデオカメラ「HDC-SD3」と、DVD方式のデジタルビデオカメラ「HDC-DX3」を4月25日に発売すると発表した。価格はともにオープンで、実勢価格は「HDC-SD3」が15万円前後、「HDC-DX3」は14万円前後の見込み。

 松下電器産業は4月3日、フルハイビジョン(フルHD)の撮影が可能なSDメモリカード方式のデジタルビデオカメラ「HDC-SD3」と、DVD方式のデジタルビデオカメラ「HDC-DX3」を4月25日に発売すると発表した。価格はともにオープンで、実勢価格は「HDC-SD3」が15万円前後、「HDC-DX3」は14万円前後の見込み。

 2機種ともに、水平1920×垂直1080画素のフルHDで撮影できるのが特徴。従来機種よりも、映像のきめ細やかさが約30%向上した。HDMI端子を装備。フルHD対応の薄型テレビと接続して高画質の映像を表示できるほか、ブルーレイディスク対応のDVDレコーダーとつなげば、フルHDの映像を劣化することなく保存できる。

 CCDはハイビジョン用に開発した「テルニオン 3CCD HD」を採用することで、従来モデルに比べ約2倍以上となる色の解像度を実現した。35ミリフィルムカメラ換算で38.5-462mmの光学12倍ズームレンズを搭載し、光学式手ブレ補正機構も備える。モニターは3.0型ワイド液晶。

 このほか、マイクが集音する風の音を低減する「ウインドNR(ノイズリダクション)」、手持ちでカメラを振り下ろした状態にすると、録画を一時停止する「うっかり撮り防止機能」、モニターで表示するのアイコンの解説を行う「ヘルプモード」、電池の残量を分単位で表示する機能なども盛り込んだ。

 「HDC-SD3」は記録媒体にSDカードを使用することで、テープやDVD方式のビデオカメラのような駆動装置が不要になり、3CCD搭載のハイビジョン対応ビデオカメラでは世界最軽量となる約430gを実現した。記録媒体はSDメモリカードとSDHCカード。サイズは幅74×高さ69×奥行き142mm。

 「HDC-DX3」はファインダーに0.44型ワイド電子ビューファインダーを装備。記録媒体は8cmDVD-RAM/-R/-RW、2層式の8cmDVD-R DLの記録・再生にも対応する。バッテリーを除くサイズは幅92×高さ91×奥行き163mm、重さは約680g。カラーはいずれもシルバー。