シックス・アパート(関信浩代表取締役)と中央大学総合政策学部松野良一研究室(松野研)は3月29日、小学生の情報リテラシー教育促進を目的として、新聞風のブログを用いた「新聞ブログ・プロジェクト」を共同で開始すると発表した。

 「新聞ブログ」は、新聞作成の基本である5W1Hに沿って取材した写真や文章を入力できるブログ。小学生でもウェブ上で簡単に入力・アップロードでき、楽しみながら作文能力、情報リテラシーを高めることができる。アップロードすると自動的に新聞風にレイアウトされ、動画も配信できる。印刷はA3サイズで出力でき、国語の時間や総合学習の時間などで活用できる。

 このブログを利用した「新聞ブログ・プロジェクト」は、取材活動や新聞制作の体験を通じて世の中のニュースに関心を持ち、自分の目で真実を見極められるような教育支援を行うことが狙い。同時に、パソコンやソフトの理解と操作の習熟も促進する。また、ブログの特徴を活用し、地域や父母との関係強化や、地域を越えた小学生同士のコミュニケーションも行う。

 同プロジェクトの一環として、沖縄県の北谷町立浜川小学校と南城市立大里北小学校で実証実験を行い、両校の小学生が実際に学校新聞を作成した。小学生からは「楽しかった」「また作りたい」といった感想が数多く寄せられ、精神面とスキル面の両方で情報リテラシー教育の効果が得られるとともに、実際の新聞に対する興味や親近感も向上したという。これを受け、シックス・アパートと松野研は、ソフトの開発・提供に加え、今後も全国の小学校で新聞ブログの利用を支援していく予定。

 ブログ制作で使用するソフトは、シックス・アパートの企業向けソフト「MovableType Enterprise Publishing Pack」をベースに共同開発したもの。一方、松野研では、地域再発見プロジェクト「昭島子ども放送局」をサポートするなど、小学生の情報リテラシー教育や地域情報化に取り組んできた。今回、これをさらに活性化させるため、ブログに関するノウハウを持つシックス・アパートと共同で「新聞ブログ・プロジェクト」を推進することにした。