松下電器産業の子会社、パナソニック ネットワークサービシズ(PNS、綱島憲一社長)は3月29日、インターネットサービスプロバイダー(ISP)事業の「hi-ho(ハイホー)」とISPを基盤とした法人向けソリューション事業を、インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)に売却すると発表した。

 松下電器産業の子会社、パナソニック ネットワークサービシズ(PNS、綱島憲一社長)は3月29日、インターネットサービスプロバイダー(ISP)事業の「hi-ho(ハイホー)」とISPを基盤とした法人向けソリューション事業を、インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)に売却すると発表した。

 PNSは、6月1日に「hi-ho」をはじめとするISP事業を切り出し、100%の子会社としてハイホーを設立。同日付でハイホーの全株式2000株をIIJに売却。IIJはハイホーの全株式を12億円で取得する。売却後、ハイホーはIIJの100%出資子会社となる。

 ハイホーは東京・中央区京橋に本社を置き、会長には鈴木幸一IIJ社長、社長にはIIJの百田功氏が就任する。ネット接続サービス「hi-ho」の名称と利用ドメイン名は、そのまま継続する。