ソニーは3月28日、テレビと接続して、5.1chの臨場感あるサラウンド音場を楽しめるラック型のシアタースタンドシステム「RHT-G800」を5月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は11万円前後の見込み。

 本体前面に配置する5.1chスピーカーシステムで、立体的な音を再現する「S-Force PRO フロントサラウンド」を搭載。人間が音源の位置を認知する仕組みを利用した高度なデジタル演算処理によって、通常は後方に設置するサラウンドスピーカーの音までシステム1つで再現する。

 新開発のDSP(デジタルサウンドプロセッサ)技術を採用し、直接耳に入る直接音に加え、壁などからの反射音や、本来リアスピーカーが出力する間接音なども独自のアルゴリズムで再現。壁からの反射音を利用しないため、設置する部屋の形状の影響を受けにくく、広がり感や包みこむような感じもリアルに表現できる。さらに、アンプ部、スピーカー部をチューニングして設計することで、より良いサラウンド効果が得られるようにした。

 また、テレビのリモコン1つで操作が可能な連動機能を搭載。同社の液晶テレビ「J5000/J3000シリーズ」とHDMI端子で接続すれば、テレビのリモコンを使ってスピーカー出力の切り替え、音量調整、テレビと「RHT-G800」の同時電源オフといった操作ができる。2基のHDMI入力端子も装備しており、ブルーレイディスク(BD)対応機器をHDMI端子で接続した場合、BDソフトに収録された7.1chリニアPCMのサラウンド音声にも対応する。

 アンプ部には、フルデジタルで音声信号処理を行う独自の32ビット「S-Master」を各チャンネルに搭載。本体下部の左右には「バイブレーション・キャンセリング・サブウーファー」を設置した。2つのユニットで互いの振動を打ち消し合うことで、重低音の再生を損ねることなく、床などへの振動伝播を低減する。また、横向きに設置することでAV機器を収納するスペースを確保。幅430mmの機器を最大4台まで収納できる。

 天板には、傷がつきにくいガラス天板を使用。入力選択ボタンに登録することで、本体以外の機器を操作できる多機能リモコンも付属する。本体サイズは幅1115×高さ495×奥行き400mm。実用最大出力は、フロントが70W+70W、センターが70W、サラウンドが70W+70W、サブウーファーが120W。