ソフマップ(野口進社長)は3月28日、07年9月上旬に旧ヤマギワ本店跡にオープン予定の秋葉原新本館(仮称)を軸に、秋葉原地区の店舗を再編すると発表した。

 ソフマップ(野口進社長)は3月28日、07年9月上旬に旧ヤマギワ本店跡にオープン予定の秋葉原新本館(仮称)を軸に、秋葉原地区の店舗を再編すると発表した。

 具体的には、新店舗のオープンを起点として、同社の「ソフマップ」と、ソフマップソフト(松井幹利社長)が運営する「ヤマギワソフト」の全14店舗を、新店舗、ソフトグループ、PCグループの大きく3つのグループに分け、秋葉原中央通りを中心とした総面積約4500坪の「ソフマップタウン」として再編する。

 ソフトグループでは、テレビゲーム、PCゲーム、DVD/CD、ホビーなどソフト系商品を中心に取り扱い、PCグループでは、Windows PCやMacの新品・中古・アウトレット商品を中心に販売する。再編後の各店舗の正式名称、取り扱い商品などは、詳細が決まり次第、発表する予定。

 また同社は、今回の店舗再編の実施に当たり、自社保有店舗の秋葉原本店、秋葉原13号店を売却するほか、100%子会社のソフマップソフトを6月1日付けで吸収合併するとも発表した。なお、現在営業中の同2店舗は9月上旬で閉店する予定。