米テキサス・インスツルメンツ(TI、リッチ・テンプルトン社長兼CEO)は、フロリダ州オーランドで開催されている携帯電話関連の展示会「CTIA Wireless 2007」で、携帯電話と超小型DLPプロジェクター「DLPピコ・プロジェクタ」を統合した試作品を限定公開する。

 米テキサス・インスツルメンツ(TI、リッチ・テンプルトン社長兼CEO)は、フロリダ州オーランドで開催されている携帯電話関連の展示会「CTIA Wireless 2007」で、携帯電話と超小型DLPプロジェクター「DLPピコ・プロジェクタ」を統合した試作品を限定公開する。

 「DLPピコ・プロジェクタ」はTIが06年に開発し、三菱電機、サムスン、東芝などが販売する「DLPポケット・プロジェクタ」の技術をさらに進化させたもの。画素間が非常に狭く、なめらかな映像を再現できるとともに、速い動画でも鮮明で明るい再生が可能。BrilliantColor技術によるいきいきとした色彩を再現し、ホコリや塵の影響を受けず色ムラ・変色が少ない安定した画質を投影できる。

 同プロジェクターは単独で利用するほか、携帯電話やデジタルカメラなどの携帯端末にも搭載できるため、携帯電話メーカーは、同社のOMAPプロセッサ技術による映像とグラフィックコンテンツの処理に加え、DLPピコ・プロジェクション技術による投影オプションを利用できるようになる。これにより、携帯端末を有効な視聴覚機器、娯楽機器として進化させることが可能。