セイコーエプソン(花岡清二社長)は3月27日、従来の2倍のノズル集積度を持つ新世代マイクロピエゾヘッドを開発し、07年4月から量産を開始すると発表した。

 マイクロピエゾヘッドは同社が独自に開発し、「カラリオ」「マックスアート」ブランドの同社製インクジェットプリンタに搭載しているインクジェットヘッド。高いインクの吐出性能や耐久性、インクの選択自由度などが特徴で、水性顔料インクをはじめ、さまざまなインクを極少体積単位に制御し、正確に吐出することができる。

 従来のマイクロピエゾヘッドのノズル集積度は最高180dpiだったが、世界最高歪み量を誇る薄膜ピエゾ素子を独自に開発し、アクチュエータとして使用することで高密度化に成功。従来の特徴はそのままに、ピエゾを採用したインクジェットヘッドとして世界最高の360dpiのノズル集積度を実現した。同時に、ピエゾ素材から社内で生産することで、インクジェットヘッドの完全内製化も達成した。

 開発した新世代マイクロピエゾヘッドを搭載することで、さらなる高速化や小型化が図れるという。また同社では、マイクロピエゾテクノロジーを同社の中核技術の一つとして進化させ、コンシューマ用途から、ビジネスや産業用途まで、活用の幅を広げていくとしている。