セブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイ、鈴木敏文CEO)は3月27日、独自の電子マネー「nanaco」による決済サービスを、東京都内のセブン?イレブン約1500店舗で4月23日から開始すると発表した。5月14日からは東北や関東地区、5月28日からは北海道や関西、九州などでも開始し、全国約1万1700店舗のセブン?イレブン全店に利用可能店舗を拡大する。

 セブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイ、鈴木敏文CEO)は3月27日、独自の電子マネー「nanaco」による決済サービスを、東京都内のセブン?イレブン約1500店舗で4月23日から開始すると発表した。5月14日からは東北や関東地区、5月28日からは北海道や関西、九州などでも開始し、全国約1万1700店舗のセブン?イレブン全店に利用可能店舗を拡大する。

 「nanaco」は、流通系初のプリペイド(前払い)方式の独自電子マネー。プラスチックカードのカード型「nanaco カード」と、携帯電話のおサイフケータイ機能を利用した「nanacoモバイル」を同時にスタートし、いずれもセブン?イレブンのPOSレジで支払い、チャージなどを行うことができる。また、「nanaco」での支払い100円ごとに1ポイントを付与するポイントサービス「nanacoポイント」も同時に開始。店舗のレジで「1ポイント」を「nanaco」1円分に交換できる。

 同社では、サービス開始に先立ち、4月10日に「nanaco」のPC向け・携帯電話向けサイトを新たに開設。「nanaco カード」「nanacoモバイル」の事前入会登録を開始する。年会費はどちらも無料で、「nanaco カード」のみ発行手数料300円がかかる。「nanaco カード」は年齢不問だが、15歳以下は親権者の同意が必要。カードは店舗で即時発行される。一方「nanacoモバイル」は16歳以上が対象で、携帯電話でアプリをダウンロードし、登録が完了すると利用できる。

 また、展開地域ごとに、入会促進として初回チャージ後に200ポイントをプレゼントするなどの各種キャンペーンを実施する予定。今後は、グループ店舗やグループ外店舗にも順次拡大していき、他社とのポイント連携も進める。