松下電器産業は3月27日、USBバスパワーでもAC電源でも同等の転送速度を実現したポータブルDVDスーパーマルチドライブ「LF-P968C」を4月13日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2万2000円前後の見込み。

 付属のACアダプタを使ってコンセントから電源を供給できるほか、低消費電力設計のため、USBバスパワーでも駆動する。書き込み速度はUSBバスパワー、AC電源ともに1層のDVD±Rで8倍速、DVD-RAMで5倍速、2層のDVD±R DLで4倍速、DVD+RWで4倍速、DVD-RWで6倍速など。DVD記録・再生ソフトや、映像編集・オーサリングソフトなども付属する。

 本体サイズは、標準的なCDケースとほぼ同程度の幅135×高さ14.8×奥行き135.6mm、重さは約290g。蓋が上下に開くクラムシェル構造を採用しており、ドライブの周辺の書類や周辺機器などの障害物を気にすることなくディスクを出し入れできる。対応OSはWindows Vista、XP、2000。