ロゴヴィスタ(尾本康雄代表取締役)は3月26日、ブリタニカ・ジャパン(奥井直彦社長)と連携し、約13万8000項目を収録する百科事典ソフト「ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2007」を4月20日に発売すると発表した。WindowsとMacintoshのハイブリッド版で、価格は1万5540円。

 ロゴヴィスタのPC用電子辞典ソフト「LogoVista電子辞典シリーズ」で初めて、百科事典を電子化。約13万8000項目を収録するほか、米国の百科事典オンラインサービス「ENCYCLOPAEDIA BRITANNICA ONLINE Home Edition」を1年間無料で翻訳して利用することができる。

 初心者でも簡単に使える検索ソフト「LogoVista辞典ブラウザ」を搭載し、「前方一致」「後方一致」「完全一致」「条件」「複合」「メニュー」「AND/OR」「クロス」「全文検索」の9通りの検索方法から選択して使用することが可能。複数の辞典をまとめて検索する「串刺し検索」にも対応し、関連語句を調べるときに活用できる。

 Windows環境では、デスクトップに表示される辞典ランチャーへのドラッグ&ドロップや、ユーザーオリジナルのショートカットで辞書を引くことができる「ホットキー」を設定すれば、検索キーワードを直接入力しなくても検索ができる。また、Macintosh環境では、サービスメニューからの辞書引きや、ATOK 17/2005/2006のメニューからの辞書引きが可能。さらに、OfficeやInternet Explorer、一太郎に辞書引き機能を組み込めるほか、同社の翻訳ソフトとも連携できる。対応OSはWindows Vista/XP/2000と、MacOS X 10.3.9以降。