電子辞典(徳留豊代表取締役)は3月26日、06年に全面改訂した三省堂の国語辞典「大辞林」の最新第三版を収録した電子辞典ソフト「大辞林第三版」を4月27日に発売すると発表した。

 電子辞典(徳留豊代表取締役)は3月26日、06年に全面改訂した三省堂の国語辞典「大辞林」の最新第三版を収録した電子辞典ソフト「大辞林第三版」を4月27日に発売すると発表した。

 23万8000語とカラー図版約1000点、モノクロ図版約3000点を収録。初版以来好評の「現代語義優先方式」にもとづく解説に新しい現代的語義も増やし、近代の作品から採録した豊富な用例を収録した。同音語や類義語の使い分け、誤用などの解説も行う。このほか、類書中唯一の日本語のアクセント表示に加え、注意が必要な1000語には音声データも添付し、耳で発音を確認することができる。

 価格は通常版が9975円、学生・教職員向けのアカデミックパックが8925円。学校・教育機関向けのスクールライセンス、企業向けのライセンスパックも販売する。また、発売を記念し、同日から4月26日までの1か月間、同社の通販サイトで同社の全製品を15%引きで販売する「春の電子辞典キャンペーン」を実施する。