サイバーリンク トランスデジタル(サイバーリンクTD、吉田宣也代表取締役)は3月22日、デジオン(田浦寿敏代表取締役)と業務提携し、デジオンが開発する音楽作成・編集ソフトの販売を継承すると発表。その第1弾として、マルチトラック・サウンド編集ソフトのVista対応版「DigiOnSound5 Express Vista」を3月30日に発売する。

 サイバーリンク トランスデジタル(サイバーリンクTD、吉田宣也代表取締役)は3月22日、デジオン(田浦寿敏代表取締役)と業務提携し、デジオンが開発する音楽作成・編集ソフトの販売を継承すると発表。その第1弾として、マルチトラック・サウンド編集ソフトのVista対応版「DigiOnSound5 Express Vista」を3月30日に発売する。

 このほか同社は、プロ向けマルチトラックサウンド編集ソフト「DigiOnSound5」、マルチメディア・ホームネットワーク・キット「DiXiM2」、音楽ライブラリー・CD/DVD作成ソフト「DigiOnAudio2」「同 Professional」、携帯ゲーム機用MP3作成ソフト「MusicWalkin'」など6製品の販売をデジオンから継承する。

 「DigiOnSound5 Express Vista」は、最大6トラックの同時編集に対応したサウンド編集ソフト。複数の曲・音声などをミックスし、音楽CDやMP3、WMAなどの音楽ファイルを作成することができる。ノーマライズ、フェードイン・フェードアウトなど計34種類のサウンドエフェクトを搭載。ノイズの除去機能やボーカルキャンセラー機能、ID3タグの編集機能なども備える。対応OSはWindows Vista、XP、2000。

 価格は、3000本限定のパッケージ版「DigiOnSound5 Express Vista特別価格版」が7980円、旧バージョンや他社製サウンド編集ソフトからの乗り換えユーザーを対象とした「DigiOnSound5 Express Vista クロスアップグレード版」が6090円。なお、パッケージ版の通常価格は1万290円となる。3月22日から先行発売しているダウンロード版は、通常版が7140円、クロスアップグレード版が5460円。