東芝松下ディスプレイテクノロジー(藤田勝治社長)は3月20日、LED(発光ダイオード)バックライトを使用した薄型・軽量のノートPC向け液晶ディスプレイで、新たに10.4型と10.6型を開発したと発表した。これにより、画面サイズのラインアップは、8.9型-13.3型の主要7種類となった。

 軽量化を図るために0.3mm以下の薄型ガラスを使用するとともに、そのほかの部材を削減し最適配置デザインを採用することで、10.4型XGAの製品では120g、12.1型XGAでは135gを実現。これにより、液晶ディスプレイ製品で厚さ2.5mmレベル、200-300cd/m2の高輝度を可能にした。解像度はXGA(1024×768ドット)とWXGA(1280×768ドット)、WXGA+(1440×900ドット)。

 LEDバックライトは、従来のCCFL(冷陰極管)タイプに比べ、薄型、軽量、高輝度で、電力消費も少ないのが特徴。また、水銀を使わないため環境に優しく、駆動電圧が低いので設計面や安全面にも優れている。衝撃や振動に対する耐久性も高い。

 同社は、世界に先駆け05年10月に、ノートPC用にLEDバックライトを採用した11.1型WXGAタイプを製品化。以来、独自の低温ポリシリコン技術を組み合わせたLEDバックライトの液晶ディスプレイを拡充してきた。07年度後半には、同社のPC向け液晶ディスプレイ製品のうち、LEDバックライトタイプの生産比率が50%を超える予定。