ベンキュージャパン(マーティン・モーレ社長)は3月20日、HDMI端子を装備した24型ワイド液晶ディスプレイ「BenQFP241WJ」「BenQ FP241WZ」を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「BenQFP241WJ」が9万9800円前後、「BenQ FP241WZ」が12万9800円前後の見込み。

 ベンキュージャパン(マーティン・モーレ社長)は3月20日、HDMI端子を装備した24型ワイド液晶ディスプレイ「BenQFP241WJ」「BenQ FP241WZ」を3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「BenQFP241WJ」が9万9800円前後、「BenQ FP241WZ」が12万9800円前後の見込み。

 2機種とも、解像度が1920×1200ピクセル(WUXGA)、縦横比が16:10のフルハイビジョン対応パネルを採用。輝度は500cd/m2、コントラスト比は1000:1、視野角は上下/左右とも178度で、Gray to Gray(中間階調)の応答速度は6ms。

 さらに、上位モデルの「BenQ FP241WZ」は、応答速度を飛躍的に高める技術「AMA」を応用し、動画フレーム間に黒画像を挿入することで、残像感を大幅に減少させる独自技術「Perfect Motion」を搭載。ゲームやDVD映像などの動きの早いコンテンツでも、ゴーストやラグのない美しい映像で表示できる。また、動画性能表示の性能を示す指標としてVESA(Video Electronics Standards Association)が提唱する速度基準「MPRT」で、12msの高速応答を実現した。

 このほか2機種共通の特徴として、「全画面」「縦横比固定」「1:1」の3パターンが選択できる画像調整モードを初めて搭載。また、画面を縦に使うことができるピボット機能も搭載しており、高さ調整や?5度から20度のテイルト角度、左右45度のスウィーベルも可能なため、ユーザーの使用環境や視線に合わせてフレキシブルに調整できる。

 入力端子は、HDMI端子をはじめ、HDCP対応のDVI端子、アナログD-Sub、コンポジット端子など計6系統を装備。本体サイズは幅567×高さ474.2×奥行き248mm、重さは10.6kg。Windows Vistaでの品質を保証するロゴ「Certified for Windows Vista」も取得している。