バンダイナムコゲームス(バンダイナムコ、石川祝男社長)は3月20日、世界的な人気マンガ「ドラゴンボール」の世界観を使用した多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)「ドラゴンボールオンライン」の提供を決定したと発表した。まずは、07年夏から韓国でベータテストサービスを開始。08年からは国内でもサービスを開始する予定。

 バンダイナムコゲームス(バンダイナムコ、石川祝男社長)は3月20日、世界的な人気マンガ「ドラゴンボール」の世界観を使用した多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)「ドラゴンボールオンライン」の提供を決定したと発表した。まずは、07年夏から韓国でベータテストサービスを開始。08年からは国内でもサービスを開始する予定。

 「ドラゴンボールオンライン」は、原作者の鳥山明氏の全面監修のもと、東京とソウルを拠点に活動するゲーム開発集団「NTL」が企画・開発を担当。また、バンダイコリア(江本義昭社長)が韓国でのサービスを提供する。

 ゲームでは、「ドラゴンボール」の世界観そのままに、原作の遥か未来というオンラインゲーム独自の新たな舞台を設定。シリーズお馴染みのキャラクターのほか、新キャラクター達が続々と登場し、新しい「ドラゴンボール」の世界を楽しむことができるという。

 プレイヤーは、髪型、洋服など外見を自由にカスタマイズできる自分自身のキャラクターを作成して、オンライン上に参加する他のプレイヤー達とリアルタイムでチャットを楽しむことができる。また、出会った仲間達と協力して強大な敵やさまざまなクエストに挑んだり、時にはプレイヤー同士で闘ったりなど、オンラインゲームならではのイベントを楽しみながらキャラクターを成長させていく。

 ダウンロード価格やサービス料金などは未定。詳細は、今後、バンダイナムコゲームスの公式ホームページなどで随時公開していく。