ソリッドアライアンス(河原邦博社長)は3月20日、精巧な食品サンプルを利用した寿司型USBメモリ「SushiDisk-あじ」と「SushiDisk-玉(ギョク)」を発売した。同社のネットショップ「ソリッドアライアンス楽天市場店」で販売する。価格は「SushiDisk-あじ」が7980円、「SushiDisk-玉」が8480円。

 ソリッドアライアンス(河原邦博社長)は3月20日、精巧な食品サンプルを利用した寿司型USBメモリ「SushiDisk-あじ」と「SushiDisk-玉(ギョク)」を発売した。同社のネットショップ「ソリッドアライアンス楽天市場店」で販売する。価格は「SushiDisk-あじ」が7980円、「SushiDisk-玉」が8480円。

 「SushiDisk(スシディスク)」は、ユニークな形状で脚光を浴びた同社の看板製品。今回、内蔵メモリの容量を256MBから1GBに改定するのに伴い、新たなデザインの「新ネタ」を投入した。

 「SushiDisk-あじ」はアジの握り寿司をモチーフに、刺身の上に乗った薬味まで再現。一方「SushiDisk-玉」は、だし巻き卵の形状で、中央には「そりっど寿司」の焼印も入れた。

 どちらも寿司ネタは、かっぱ橋道具街を代表する食品サンプルの製造・販売会社の佐藤サンプルが担当。対応OSはWindowsXP以降で、USBは2.0/1.1に対応する。