NECは3月16日、情報通信装置からの漏えい電磁波を極端に小さくすることで、情報通信装置の画面や入力されたキーボードのキャラクターコード(打鍵情報)などを盗みづらくする情報盗用防止技術(電磁波セキュリティ技術)を開発したと発表した。

 NECは3月16日、情報通信装置からの漏えい電磁波を極端に小さくすることで、情報通信装置の画面や入力されたキーボードのキャラクターコード(打鍵情報)などを盗みづらくする情報盗用防止技術(電磁波セキュリティ技術)を開発したと発表した。

 LSIの動作によって発生する電磁ノイズを低減するためのプリント回路基板構造と、電源デカップリング用線路型素子の実装技術、機器のきょう体やケーブルの適切なシールドによるノイズ低減手法の開発によって実現したもの。

 これにより情報通信装置からの漏えい電磁波(電子機器から意図せず放射される電磁波)を、一般に適用される国内規制値より40デシベル小さい値(電力比で1万分の1。TV放送波の約100万分の1相当)まで低減することに成功した。この技術を同社の暗号、ネットワーク技術と組み合わせることで、漏えい電磁波のレベルを極めて低く抑えた、より安全な情報通信装置を実現できるという。

 漏えい電磁波が受信されないようにするために、「強い電磁波でかく乱する方法」と「電磁波の放射を抑制する方法」が研究されている。同社はこれまで、電磁波の放射を抑制する方法を開発するため、プリント基板の電源に着目した研究開発を進め、今回、平文の情報が重畳する漏えい電磁波を検知できないほど小さくする情報盗用防止技術を開発した。さらに今後も、開発した技術について、研究開発を進めていく方針。

 なお、同技術は、情報通信研究機構(NICT)の民間基盤技術研究促進制度を活用した「情報通信装置の漏えい電磁波盗用防止技術の研究開発」の成果となる。