ソフトバンクモバイルは3月16日、厚さ17.9mmとワンセグ対応のスライド式端末では最薄の第3世代(3G)携帯電話「911T」を3月17日に発売すると発表した。東芝製で、カラーはブラック、シルバー、ホワイト、レッドの4色。

 ソフトバンクモバイルは3月16日、厚さ17.9mmとワンセグ対応のスライド式端末では最薄の第3世代(3G)携帯電話「911T」を3月17日に発売すると発表した。東芝製で、カラーはブラック、シルバー、ホワイト、レッドの4色。


 480×800ドットの大型3インチワイドVGA液晶をディスプレイに搭載。画面は「フルスクリーン」と、字幕表示が可能な「横向き画面」、字幕とデータ放送の表示が可能な「縦向き画面」から選択できる。画質設定も「ノーマル」「ファイン」「シネマ」の選べるようにした。容量が1GBのメモリを内蔵しており、最長5時間20分までワンセグの番組を録画できる。

 3.5Gの「HSDPA」に準拠したデータ通信サービス「3Gハイスピード」に対応し、下りで最大3.6(メガビット/秒)の高速通信が可能。Bluetooth機能も搭載しており、別売りの専用ステレオヘッドセットを使ってコンテンツをワイヤレスで楽しめる。また、ブラックに限り、オークリー製のヘッドホン搭載サングラス「O ROKR」とのセットパッケージも販売する。

 有効320万画素のカメラを搭載し、外部メモリにはmicroSDカードを使用。連続通話時間は約140分、連続待ち受け時間は約330時間。ワンセグの連続視聴時間は最長約3時間25分。サイズは幅51×高さ112×奥行き17.9mm、重さは約145g。「横向き画面」を使用中に本体を設置する卓上ホルダが付属する。