ワコム(山田正彦社長)は3月15日、利用者の署名の特徴を認識できるペンタブレット「サイン認証専用液晶ペンタブレット」の試作機を開発したと発表した。4月から、国内と欧米、アジア地域に評価用サンプルとして出荷する。

 試作機は、液晶画面に電子ペンで署名を直接手書き入力する用途に最適化したペンタブレット。解像度が横640×縦480ピクセルの5インチ反射式TFT液晶ディスプレイを搭載したタブレットと、コード・電池が不要な電子ペンで構成する。

 液晶画面に、紙にペンで書きこむように電子ペンで署名ができ、入力と同時に、ユーザーの署名が持つ固有の特徴を情報としてタブレットに記録。その情報を使って専用ソフトで認証を行う。

 署名の固有情報の入力には、ワコムが開発したペン入力技術「電磁式誘導方式」を活用した。試作機では最大512レベルまでの筆圧を感知可能。読み取り解像度は2540lpi(線数)で、ユーザーの書き込みのリズムやスピードといった癖も把握できる。ワコムによると、その認証の精度は、指紋などを利用する「生体認証」と同程度という。

 ワコムでは製品化に向け、タイムスタンプやデータ暗号化などのセキュリティ機能を追加する予定で、最高レベルのセキュリティと不正行為を防止できる機器として、POS(販売時点管理)システムを導入している企業などを対象に売り込む。