WEB2.0(林郁社長)は3月15日、情報共有サイト「PingKing」を、別個のブログを運営するブロガー同士やブログ読者が同サイトを介して知り合える「ブログネットワークサイト」として全面的にリニューアルしたと発表した。

 WEB2.0(林郁社長)は3月15日、情報共有サイト「PingKing」を、別個のブログを運営するブロガー同士やブログ読者が同サイトを介して知り合える「ブログネットワークサイト」として全面的にリニューアルしたと発表した。

 これまで、ユーザーが登録(ブックマーク)したウェブサイトのURLを、コメントを添えて他のユーザーにURL情報を知らせる機能が主だったが、今回新たに、自分のブログを「マイブログ」として登録することで、新しく書いた記事を「PingKing」が自動的に集約し、他のPingKingユーザーに知らせる機能と、自分と同じURLをブックマークしている他のPingKing会員の年齢、性別をもとに、そのユーザーの「興味年齢」などを知らせる「傾向鑑定」機能を追加。自分がブックマークしたURLのリストと「傾向鑑定」の結果を自分のブログサイトに表示するブログパーツも用意した。

 「マイブログ」は3件まで登録可能で、複数のブログを運営している場合でも、それぞれのブログで新しく書いた記事を自動的に集約し、他のPingKingユーザーに更新を一斉に知らせる。また、ブログ記事内でリンクしたニュース記事や動画、添付写真などのコンテンツ情報から記事の内容を自動的に分析し、同じコンテンツについて書いている別のブログ記事と関連付けを行う。これにより、ユーザーは、同じコンテンツに興味を持っている他のPingKingユーザーを簡単に発見できるようになる。