弥生(飼沼健代表)は3月14日、業務ソフトの最新版「弥生販売 07」の全ラインアップを4月20日に、「弥生顧客 07」を5月18日に発売すると発表した。

 弥生(飼沼健代表)は3月14日、業務ソフトの最新版「弥生販売 07」の全ラインアップを4月20日に、「弥生顧客 07」を5月18日に発売すると発表した。

 「弥生販売 07」では、クライアント/サーバー型の中規模事業所向け「弥生販売 NE 06」に搭載されていた機能の一部を、小規模事業所向けスタンドアローン型の「プロフェッショナル」「スタンダード」版にも新たに展開することで、大幅な機能強化と利便性の向上を図った。プロフェッショナル/スタンダード版は、台帳管理の利便性向上、確実な請求・回収・入金を可能にする機能の充実、データ容量上限の増加、セキュリティの強化などを実施した。

 「弥生販売 NE 06」発売後、初のバージョンアップとなる中規模事業所向け製品は、07版から「弥生販売 07 ネットワーク」に名称を変更し、中規模事業所からニーズの多かったプロジェクト別の集計機能を新たに搭載。これにより、複数の仕入・売上のために案件別の利益の把握が難しかった業種や業態での損益分析が容易になった。「弥生顧客 07」も2年ぶりのバージョンアップを行い、印刷機能や操作性を改善した。

 「弥生販売 07」「弥生顧客 07」は、ともにWindows VistaとExcel 2007に対応。サーバーを必要としない「弥生販売 07」のプロフェッショナル/スタンダード版では、「Microsoft SQL Server 2005 Express Edition」を標準搭載することで、データ容量の上限を従来の4倍(4GB)に拡大すると同時に、セキュリティ機能の強化とデータ管理の堅牢性も高めた。「弥生販売 07 ネットワーク」の「with SQL」版には、最新の「Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition」を同梱する。

 価格は「弥生販売 07 ネットワーク」が「for SQL」版の5ライセンスで84万円から、「with SQL」版の5ライセンスで99万7500円から。「弥生販売 07 プロフェッショナル」が8万4000円、「同 2ユーザー」が12万6000円、「同 5ユーザー」が26万2500円、「弥生販売 07 スタンダード」が4万2000円。

 また、複数のソフトを組み合わせたバリューパックの価格は、「弥生会計 07 プロフェッショナル + 弥生販売 07 プロフェッショナル バリューパック」が12万6000円、「弥生販売 07 プロフェッショナル + 弥生会計 07 スタンダード バリューパック」が9万4500円。「弥生顧客 07」が4万2000円。