ソニーは3月14日、1台でワンセグとFM・AMラジオを受信可能なポケットサイズのラジオ「XDV-100」を4月10日に発売すると発表した。本体カラーはシルバーとブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

 ソニーは3月14日、1台でワンセグとFM・AMラジオを受信可能なポケットサイズのラジオ「XDV-100」を4月10日に発売すると発表した。本体カラーはシルバーとブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

 軽量で頑丈なアルミボディに、ワンセグチューナー、FMステレオ/AMラジオチューナーを搭載。電源を入れると2.8インチのカラー液晶画面でワンセグの映像を見ることができ、さらにボタン一つでワンセグとラジオを切り替えて受信することができる。ワンセグ/FMステレオラジオ/AMラジオの3つを集約しながら、効率の良いレイアウトなどによって内部に発生する電波干渉を抑え、ノイズの低減と高感度・高画質・高音質を実現。ワンセグの受信感度は、ホイップアンテナを伸ばし、長さや角度を変えることで調整する。

 ワンセグでは、画面横のジョグレバーを操作するだけで、放送局名を見ながらチャンネル選局を行うことができる。字幕表示とEPG(番組ガイド)にも対応しており、字幕放送では、視聴画面の下に字幕を表示する。

 また、全国エリアごとに主要放送局をプリセットしており、該当するエリアを選ぶだけでワンセグ/FMステレオラジオ/AMラジオの放送局を簡単に設定できる。プリセットリストには3エリアまで登録でき、視聴地域が変わっても、プリセットリストを切り替えるだけで、簡単にその地域の放送番組が視聴できる。

 電源は充電式の内蔵リチウムイオン電池を使用。連続再生時間は、ワンセグ視聴時で約5.5時間、FMステレオラジオで約25時間、AMラジオは約30時間。本体サイズは幅98.3×高さ61×奥行15.1mm、重さは110g。充電スタンドのほか、机などに置いて視聴するのに便利なスタンド、キャリングケースが付属する。