三洋電機(井植敏雅社長)は3月13日、デジタルムービーカメラ「Xacti(ザクティ)」シリーズで、MPEG-4 AVC/H.264方式で動画を撮影できる新モデル「DMX-CG65」を4月下旬に発売すると発表した。本体カラーはシルバー、グリーン、ブラックの3色。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 三洋電機(井植敏雅社長)は3月13日、デジタルムービーカメラ「Xacti(ザクティ)」シリーズで、MPEG-4 AVC/H.264方式で動画を撮影できる新モデル「DMX-CG65」を4月下旬に発売すると発表した。本体カラーはシルバー、グリーン、ブラックの3色。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 「Xacti」は、動画と写真撮影が1台で可能な小型・軽量のデジタルカメラ。「DMX-CG65」では、シリーズで初めて、動画圧縮方式に「MPEG-4 AVC/H.264」を採用。より高画質で長時間の動画撮影が可能になった。圧縮率も高く、ブログや動画共有サービスへのアップもしやすいという。音声については、48kHzサンプリング、16bitのステレオ音声をAAC方式で圧縮する。

 有効600万画素のCDDと高速映像処理LSI「ピュアフォースエンジンIII」を搭載。動画を撮影中でもモードを切り替えることなく、600万画素の写真を同時に撮影できる。また静止画では、ISO1600までの高感度撮影が可能。動画は9画素混合技術により、暗い場所での撮影に対応し、シーンセレクトショット機能のランプモードを選択すれば、フレームレートを自動調整し、被写体照度約2ルクスの暗いシーンでも撮影できる。

 このほか、内蔵ジャイロセンサーによる静止画の手ぶれ補正機能、動画のデジタル手ぶれ補正機能を搭載した。ズームは光学5倍で、焦点距離は35mmフィルム換算で38mm-190mm。

 記録媒体にはSD/SDHCメモリカードを使用。4GBのSDメモリカードの場合、最高画質の「TV-SHQ」モードで2時間45分、記録時間優先の「Web-HQ」モードで15時間18分、動画を録画できる。電源はリチウムイオン充電池「DB-L20」を利用し、約70分の連続動画撮影、約155枚の静止画撮影(CIPA基準)が可能。

 本体サイズは幅67.7×高さ100.3×奥行き34.5mm、電源やメモリカードを除く重さは約150g。DVD作成ソフト「Ulead DVD MovieWriter 5.0 SE」、写真・動画管理ソフト「Ulead Photo Explorer 8.5 SE Basic」なども付属する。

 また同社とシックス・アパート、SEEBOX、エムログ、ボイスバンクの4社は共同で、ウェブ上での高画質デジタルムービーコンテンツの普及を目指す「Xacti 2.0」プロジェクトを開始すると発表した。

 プロジェクトでは、各社が手がけるWebサービスを「MPEG-4 AVC/H.264」をいち早く対応させるほか、共同でプロモーション活動や技術研究を行う。さらにマーケティング情報を共有し、三洋電機は商品の企画・開発に、その他の4社はサービスの開発に反映させる。今後、個人で運営できるWeb放送局やムービーブログなど、「Xacti」を核にしたサービスも展開する予定。