アットネットホーム(深町俊幸社長)と関西マルチメディアサービス(今川哲夫社長)は3月12日、ケーブルテレビ(CATV)22局と連携し、桜の名所の動画ライブ中継などが見られる花見情報ポータルサイト「全国桜最前線'07」を公開したと発表した。

 アットネットホーム(深町俊幸社長)と関西マルチメディアサービス(今川哲夫社長)は3月12日、ケーブルテレビ(CATV)22局と連携し、桜の名所の動画ライブ中継などが見られる花見情報ポータルサイト「全国桜最前線'07」を公開したと発表した。

 桜の名所400か所の情報を掲載した花見の総合情報サイト。桜の名所のライブ映像やCATV局が制作した地域情報番組などの動画配信も行う。桜のある風景の動画ライブ中継を行うサイトとしては日本最大級。

 動画ライブ中継のためのウェブカメラは、岩手の北上展勝地や奈良の東大寺、大阪城公園など、35か所以上に設置する予定。全国400地点以上の桜の名所については、写真、桜の本数・種類、来訪者予想数、トイレの数といった、花見の計画に役立つ情報を紹介する。

 また、CATV局が制作した地域情報番組では、地元の人にも観光客にも役立つ地域密着情報を流すほか、ユーザーから投稿された桜の写真を掲載する「桜写真館」や、名産品のプレゼント情報などを掲載する。

 さらに今年は、携帯電話向けにトライアル配信を行う。具体的には、ウェブカメラで撮影した画像のスナップショットを利用した桜の開花状況(静止画)、CATV局が制作した地域情報番組(動画)、桜の名所情報、携帯電話から写真を投稿できる「桜写真館」などのコンテンツを配信する。CATV局の自主制作番組の携帯電話への長時間配信は、CATV局としては初めての試み。CATV局では、今回のトライアル配信を通じて、クロスメディアによる情報発信や地域マーケティングの検証を行う。

 なお、各CATV局専用のパソコンサイトは、関西マルチメディアサービスのブログサービス「BLOGari(ブロガリ)」をカスタマイズして公開。「最新情報」コーナーでは、桜の静止画や開花状況などをCATV局のスタッフが書き込み、リアルタイムに情報を提供する。