日本ビクターは3月13日、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵の液晶テレビ「液晶EXE(エグゼ)」で、20V-37V型までの中小型モデル4機種を3月中旬から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 日本ビクターは3月13日、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵の液晶テレビ「液晶EXE(エグゼ)」で、20V-37V型までの中小型モデル4機種を3月中旬から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

 ラインアップと実勢価格は、37V型「LT-37LC8」が24万円前後、32V型「LT-32LC8」が18万円前後、26V型「LT-26LC8」は15万円前後、20V型で「LT-20LC8」11万円前後の見込み。

 4機種ともに、水平1366×垂直768画素の液晶パネルを採用。映像・音声のデジタル信号を劣化することなく伝送できるHDMI端子を1基装備する。また、リモコンのボタンサイズや表示文字を大型化し、斜めに持った状態でも操作ができるようにするなど、使い勝手を高めた。

 オーディオ機能では、20V・26V・32V型の3機種で、駆動点をずらすことで音の共振を大幅に排除し、中・高音域の特性を改善した「オブリコーンスピーカー」を搭載。さらに37V型モデルでは、2つのオブリコーン形状の振動板を強力な磁気回路で駆動することで、歪みが少ない音を出力可能な「ツインオブリコーンスピーカー」を採用した。

 スピーカーをパネルの下部に配置することで、本体の薄型化も図った。本体カラーは37、32V型がブラック、26V型はシルバーで、20V型ではシルバー、ピンク、ブラウン、ベージュの4色のカラーバリエーションを揃えた。リモコンの色も本体のカラーリングにあわせ、統一感を持たせている。