ASUSTeK Computer(ASUS)は3月9日、Windows Vista搭載ノートPC4モデルを3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、ラインアップと実勢価格はサブディスプレイを搭載した「SideShow」対応の「W5Fe」が22万4800円前後、重さ1kgの軽量モバイルモデルの「U1F」が26万9800円前後、ランボルギーニ社とのコラボレーションモデル「VX2」が39万9800円前後、革張り加工を施した「S6Fm」が27万9800円前後の見込み。

 ASUSTeK Computer(ASUS)は3月9日、Windows Vista搭載ノートPC4モデルを3月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、ラインアップと実勢価格はサブディスプレイを搭載した「SideShow」対応の「W5Fe」が22万4800円前後、重さ1kgの軽量モバイルモデルの「U1F」が26万9800円前後、ランボルギーニ社とのコラボレーションモデル「VX2」が39万9800円前後、革張り加工を施した「S6Fm」が27万9800円前後の見込み。

●世界初の「Windows Vista SideShow」対応モデル「W5Fe」

 「W5Fe」は、Windows Vistaの新機能「Windows Vista SideShow」に対応する「サブディスプレイ」を、世界で初めてを搭載したノートPC。メインディスプレイ裏の天板に、解像度320×240ドットの2.8型カラー液晶を搭載。十字キーやメニュー呼び出しボタンなどもあわせて備えた。2つ折りの携帯電話についている補助ディスプレイと同様、ノートPCを閉じた状態で、予定表や新着メールの有無などを確認できるのが特徴。


 メインディスプレイには1280×768(WXGA)の12.1型ワイド液晶を、OSにはWindows Vista Home Premiumを採用。CPUはCore 2 Duo T5500(1.66GHz)、メモリは1GB(最大1.5GB)、HDDは約80GBを搭載する。

 このほか、130万画素のWebカメラ、SDカード、MMC、メモリースティックなど8種類のメモリーカードに対応するカードスロット、DVD±Rの2層書き込みに対応するスーパーマルチドライブを装備した。バッテリーはリチウムイオン充電池で、標準サイズと大容量サイズの2つを同梱する。駆動時間は、標準タイプで約1.5時間、大容量タイプで約3時間。本体サイズは幅305×奥行き220×高さ26.8-37.5mm、標準バッテリーを含む重さは1.7kg。

●重さ1kgの軽量小型ノートPC「U1F」

 「U1F」は、LEDバックライトを採用した厚さ5mmの液晶パネルを備え、本体素材にマグネシウム合金を採用して軽量化を図ったモバイル用ノートPC。天板にはピアノ調塗装を施したほか、パームレストに革素材を採用した。

 ディスプレイは1366×768(WXGA)の11.1型ワイド液晶で、OSにはVistaのHome Premiumを、CPUにはCore Duo 超低電圧版 U2400(1.06GHz)を搭載した。メモリは1GB(最大1.5GB)、HDDは80GBを搭載。

 さらに、30万画素Webカメラ、指紋認証センサー、8種類のメモリカードに対応するカードスロットなどを装備する。光学ドライブは内蔵しないが、外付けのDVD±Rの2層書き込みに対応するスーパーマルチドライブを同梱する。標準と大容量の2つのバッテリーパックが付属する。駆動時間は標準が約3時間、大容量が約6時間。本体サイズは幅275×奥行き190×高さ17.9-29mm、標準バッテリーを含む重さは1kg。

●ランボルギーニ社とのコラボモデル第2弾「VX2」

 「VX2」は、イタリアのスポーツカーメーカー、ランボルギーニ社とのコラボレーションモデル第2弾。底面にID番号を入れた黒のアルミニウム製プレートをはめ込んだほか、天板にランボルギーニのエンブレムを施し、ホイール風デザインを採用した冷却ファンが特徴。色は、前モデル「VX1」でもラインアップしたイエローに、天板が5層カーボンファイバーで構成されている新色、カーボンブラックを追加した。


 ディスプレイは1680×1050(WSXGA+)の15.4型ワイド液晶を搭載。OSはVistaの最上位モデルUltimateを採用した。CPUはCore 2 Duo T7400(2.16GHz)、メモリは2GB、HDDは160GBを搭載する。

 このほか、130万画素のWebカメラ、指紋認証センサー、8種類のメモリカードに対応するカードスロット、DVD±Rの2層書き込みに対応するスーパーマルチドライブなどを装備。約2時間33分駆動するリチウムイオンバッテリーを同梱する。本体サイズは幅363×奥行き263×高さ18-38mm、バッテリーを含む重さはイエローモデルが2.91kg、カーボンブラックモデルが2.93kg。

●使えば使うほど味が出る、革張りノートPC「S6Fm」

 「S6Fm」は、06年度のグッドデザイン賞を受賞した「S6F」の後継モデルで、きょう体の外側やパームレスト、付属のマウスなどに革張り加工を施したのが特徴。デザインは「S6F」とほぼ同じで、Vista用にCPUやメモリ容量などを増強した。本体カラーはブラウン。

 1366×768(WXGA)の11.1型ワイド液晶を採用し、OSにはVistaのHome Premiumを搭載。CPUはCore 2 Duo L7200(1.33GHz)、メモリは1GB(最大1.5GB)、HDDは120GB。DVD±Rの2層書き込みに対応するスーパーマルチドライブ、5種類のメモリカードに対応するカードスロットを装備する。バッテリーは標準と大容量の2つを同梱。駆動時間は標準が約1.5時間、大容量が約4.5時間。本体サイズは幅270.4×奥行き191.2×高さ22.5-37mm、標準バッテリーを含む重さは1.37kg。