ピクセラ(藤岡浩代表取締役)は、パソコン用では初のワンセグとデジタルラジオが受信可能なUSB接続のワンセグチューナー「PIX-ST050-PU0」を、直販サイト「ピクセラオンラインストア」限定で3月9日に発売した。価格は9800円。

 パソコンのUSB端子に接続し、独自のワンセグ視聴ソフト「StationMobile for ST050」を使ってワンセグの視聴・録画ができる外付け型チューナー。視聴ソフトはワンセグの受信をはじめ、字幕や電子番組表(EPG)の表示、データ放送、双方向通信サービスにも対応する。

 RfStream製シリコンチューナーモジュールやシンセシス製コンテンツ暗号化LSIなど、チューナーの主要部品は自社グループで開発。グループ会社の部品を使用することで高い受信感度と低消費電力を実現したという。

 また、同社サイトでチューナー購入者を対象に無料配布しているデジタルラジオ用の視聴ソフト「StationMobile Radio Edition」のベータ版をインストールすることで、首都圏など一部地域で放送されているデジタルラジオの実用化試験放送を受信することができる。

 対応OSはWindows Vista、XP(32ビット版)。デジタルラジオ視聴ソフト「StationMobile Radio Edition」の対応OSはWindows Vistaのみ。本体サイズは高さ78×幅18.7×厚さ8.6mm、アンテナを除く重さは15g。