ソニーは3月9日、メモリ1.86GBを内蔵する有効600万画素CCDのコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット DSC-G1」を4月6日に発売すると発表した。本体に約2万枚の写真が保存でき、フォトビューアとしても使用できるのが特徴。価格はオープンで、実勢価格は7万円前後の見込み。

 モニターに約92.1万画素の3.5型「エクストラファイン液晶」を搭載。230ppi(pixels per inch)のきめ細かさと色数1677万色を実現した。また、ちらつきや色にじみを抑えてくっきりと表示する、ストライプ配列とプログレッシブ表示を採用。光の反射や映り込みを抑える多層膜コーディング処理「ARコート(反射防止処理)」を施した。

 「アルバム機能」を搭載しており、撮影したオリジナル画像データに加え、640×480ドットのデータを自動生成し内蔵メモリに記録。さらに、他のカメラで撮影した画像データもPCから転送することができ、DSC-G1のフォトビューア機能を使ったアルバム閲覧が楽しめる。

 画像には、「誕生日」「旅行」「趣味」といった13種類のラベルとコメントをつけることができ、最大50種類までラベルを増やすことも可能。画像の検索は、「ラベル」「顔の数」「色」などで絞り込める検索と、選択した画像と似ている画像を検索する類似画像検索があり、100枚同時に画像を表示できるインデックスビューも搭載する。

 「サイバーショット」では初めて、無線LAN(Wi-Fi)とホームネットワークの標準規格DLNAに対応。他のDSC-G1やDLNA対応のテレビ、パソコンに画像を転送できる。また本体に、MP3形式の音楽ファイルを保存することで、楽曲を再生しながら画像のスライドショーが楽しめる「音フォト」機能も搭載した。

 光学式の手ブレ補正機能とISO1000の高感度撮影機能を備え、手ブレと被写体ブレの両方を抑える。レンズは光学3倍ズーム。記録媒体にはメモリースティックデュオとメモリースティックPROデュオを使用する。電源は大容量の「インフォリチウム」バッテリー。サイズは幅93.3×高さ71.7×奥行き25.3mmで、重さは約204g。カラーはシルバー。