KDDI、沖縄セルラーは3月9日、第3世代(3G)携帯電話「CDMA 1X WIN」で、ワンセグやデジタルラジオの受信が可能なシャープ製端末「AQUOSケータイ W51SH」を3月10日から順次発売すると発表した。カラーはオーシャンブルー、スターシルバー、オーロラピンクの3色。発売日は地域によって異なり、関東エリアでは3色ともに3月15日の予定。

 KDDI、沖縄セルラーは3月9日、第3世代(3G)携帯電話「CDMA 1X WIN」で、ワンセグやデジタルラジオの受信が可能なシャープ製端末「AQUOSケータイ W51SH」を3月10日から順次発売すると発表した。カラーはオーシャンブルー、スターシルバー、オーロラピンクの3色。発売日は地域によって異なり、関東エリアでは3色ともに3月15日の予定。

 ワンセグの受信に対応し、液晶画面を横方向に90度回転できる「サイクロイドスタイル」を採用した「AQUOSケータイ」初のauモデル。「W51SH」では、解像度が240×400ドットで3.0インチワイドの「モバイルASV液晶」を搭載。画像処理回路「SV (Super Vivid) エンジン」と「6色カラーフィルタ」も搭載し、ワンセグの映像を高画質で楽しむことができる。

 画面を回転させることで、ワンセグやデジタルラジオを起動できる「クイック起動」や、ワンセグ視聴中にメールの閲覧・返信などができる「Task bar」機能も盛り込んだ。ワンセグやデジタルラジオを視聴中でも、画面を回転させると画面の縦横が自動的に切り替わる。

 ワンセグの映像は、本体の内蔵メモリと外部メモリのmicro SDカードに録画することが可能。電子番組表(EPG)を使った録画予約機能やテレビ出力機能も搭載する。このほか、PC向けサイトを携帯電話で見られる「PCサイトビューアー」や「LISMO」のビデオクリップに対応し、横画面で表示できる。

 カメラは有効203万画素。連続通話時間は約290分で、連続待ち受け時間は約300時間。サイズは幅50×高さ109×厚さ24mm、重さは約136g。価格はオープン。実勢価格は2万円台前半の見込み。