ウィルコムとウィルコム沖縄は3月8日、最大512Kbps(キロビット/秒)の速度でデータ通信が可能な「W-OAM typeG」のサービスを4月5日から開始すると発表した。

 ウィルコムとウィルコム沖縄は3月8日、最大512Kbps(キロビット/秒)の速度でデータ通信が可能な「W-OAM typeG」のサービスを4月5日から開始すると発表した。

 「W-OAM typeG」は、高速PHS通信規格「W-OAM」をさらに高速化した規格。これまでの「W-OAM」の3つの変調方式に加え、さらに高速な「64QAM」「32QAM」「16QAM」の3つの変調方式に対応。電波状況に応じて、高速な変調方式を自動的に選択することで通信速度を高め、データの遅延速度を大幅に改善した。

 料金体系は現行と同じ。さらに07年度以降は、基地局の通信回線をISDN(総合デジタル通信網)から光ファイバーのIP網に順次置き換えることで、通信速度を最大800Kbpsまで引き上げる計画。800Kbpsでも料金は据え置く。

 また、サービス開始と同時に、W-OAM typeGに対応するネットインデックス製のカード型PHS端末「AX530IN」も発売する。価格はオープン。直販サイト「ウィルコムストア」での価格は2万6800円。

 「AX530IN」はPCカードTypeIIに準拠したデータ通信カードで、可動式アンテナと内蔵チップアンテナを搭載する。対応OSはWindows XP、2000、Mac OS X 10.2以降。サイズは幅54×高さ127×厚さ10mm、重さは約62g。カラーはブラック。