ソニーは3月7日、フラッシュメモリタイプの携帯オーディオ「ウォークマン Aシリーズ」の新モデル「NW-A800シリーズ」3機種を3月21日に発売すると発表した。「ウォークマン」シリーズの最上位モデルの位置づけで、高音質音楽再生とビデオ再生に対応する。価格はオープン。実勢価格は、容量8GBの「NW-A808」が3万3000円前後、4GBの「NW-A806」が2万7000円前後、2GBの「NW-A805」が2万1000円前後の見込み。

 ソニーは3月7日、フラッシュメモリタイプの携帯オーディオ「ウォークマン Aシリーズ」の新モデル「NW-A800シリーズ」3機種を3月21日に発売すると発表した。「ウォークマン」シリーズの最上位モデルの位置づけで、高音質音楽再生とビデオ再生に対応する。価格はオープン。実勢価格は、容量8GBの「NW-A808」が3万3000円前後、4GBの「NW-A806」が2万7000円前後、2GBの「NW-A805」が2万1000円前後の見込み。

 音楽再生に加え、MPEG-4、AVC/H.264形式の動画やJPEG形式の写真も再生できるのが特徴。動画配信サイトなどからダウンロードした動画コンテンツや録画したテレビ番組、デジタルビデオカメラで撮影した映像などをパソコン経由で取り込んで再生できる。

 本体は最薄部8.3mmの薄型ボディで、QVGA(320×240)対応の2.0型カラー液晶を装備する。ビデオ再生中の表示方向は、見ている向き(縦横)と操作する手(左右)に合わせて選択でき、対応する5方向ボタンも切り替えることができる。ビデオは拡大、縮小表示も可能で、早戻りや早送り再生は10倍・30倍・100倍の3段階から選べる。

 音質面では、圧縮時に失われた高音域を補う技術「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」を搭載し、音楽CDの原音に近い音を再現できるという。ヘッドホン出力時のL/R(左/右)のチャンネルの音の混在や、低音を増強すると発生しやすい「音の歪み」も抑制し、クリアなサウンドを実現する。ヘッドホンには、大口径13.5mmのドライバーユニットを採用した密閉型ヘッドホンを採用した。

 再生可能な音楽ファイルは、MP3/WMA/AAC/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless。著作権保護されたWMAとAACには対応しない。ファイルの検索は50音順やイニシャルからアーティスト名、アルバム名、曲名ごとに行え、CDジャケットの写真から曲を探せる「ジャケットサーチ」も備える。

 充電はPCのUSBポート経由で行う。約3時間のフル充電で最長約30時間の連続音楽再生、最長約8時間の動画再生が可能。サイズは幅44.5×高さ88.0×奥行き9.6mm、重さは約53g。音楽管理ソフト「SonicStage CP」と、ビデオや写真の変換・転送に対応した「Image Converter 3」が付属する。

 カラーは8GBの「NW-A808」がバイオレットとブラックの2色、「NW-A806」「NW-A805」がバイオレット、ブラック、ホワイト、ピンクの4色。ソニー製品のオンラインショップ「ソニースタイル」では、限定カラー「シルバー」を採用した8GBモデル「NW-A808」も同時に発売する。価格は3万2800円。