東洋製罐とNECは3月6日、ペットボトル容器用のRFIDタグ(ICタグ)内蔵キャップを世界で初めて開発したと発表した。

 東洋製罐とNECは3月6日、ペットボトル容器用のRFIDタグ(ICタグ)内蔵キャップを世界で初めて開発したと発表した。

 両社は、見た目には従来の容器デザインを変えることなく、プラスチックキャップ内にICチップと小型アンテナを合わせて成型加工・内蔵することに成功。サイズは従来の容器用キャップとほぼ同等で、廃棄時にキャップからRFIDタグをはずせるタイプも用意する。

 RFIDタグは、NECエレクトロニクスが一般消費財への大量利用向けに開発したプロトタイプを使用した。タグはパッシブタイプで、通信距離は10cm。また、周波数2.45GHzながら飲料などの水分による電波損失を防止する。個体IDはチップ製造時に付与し、用途に応じて必要な情報を随時書き込める。

 従来、RFIDタグは、SCM(サプライチェーンマネジメント)やトレーサビリティなど企業内用途での活用が中心となっていた。開発したRFIDタグ内蔵キャップを用いることで、飲料メーカーや食品メーカーは、一般消費者向けの魅力的なキャンペーンの実施や商品説明など、新たなサービスや高付加価値商品を開発できるようになる。

 ペットボトルのほか、スチール缶やアルミ缶などの金属缶やプラスチック容器、ガラスびん、紙容器など、あらゆる容器へのRFIDタグの内蔵についても共同検討を進めており、順次、試作品を開発する予定。両社は、これらのRFIDタグ内蔵容器を「ユビキタス情報容器(仮称)」と位置付け、一般消費財メーカー各社との用途開発や、市場開拓の共同検討を積極的に進めていく。また、東洋製罐グループの日本クラウンコルクが08年からの量産開始を目指す。