富士通は3月5日、半径3m程度の範囲に限定してワンセグ放送を配信するシステム「スポットキャスト」を開発したと発表した。専用のLSIを開発するなどして、電波法で定める「微弱電波」の範囲で運用できる配信システムを実現したもので、免許なしで運用できるのが特徴。ワンセグ対応の携帯電話など、ワンセグが受信できる一般端末で利用できる。

 富士通は3月5日、半径3m程度の範囲に限定してワンセグ放送を配信するシステム「スポットキャスト」を開発したと発表した。専用のLSIを開発するなどして、電波法で定める「微弱電波」の範囲で運用できる配信システムを実現したもので、免許なしで運用できるのが特徴。ワンセグ対応の携帯電話など、ワンセグが受信できる一般端末で利用できる。

 複合ショッピングセンターや観光施設、駅や商店街などでの利用を想定し、極めて限られた「スポット」にのみワンセグ放送を配信。例えば、店舗や店舗のコーナーごとに異なったコンテンツを配信することもできるため、きめ細かに情報を提供することができる。また、配信したいコンテンツをUSBメモリに保存して送信機に接続するとワンセグ放送を配信するしくみで、コンテンツ変更も容易。さらに、コンテンツの配信管理を送信機だけで行うため、配信のスケジュール管理もしやすい。

 同日の記者発表で公開された「スポットキャスト」試作送信機本体サイズは、アンテナを除き、幅180×奥行き190×高さ43mm。重さは約1.5kg。電源はACアダプタを使用し、縦置き・横置きどちらも対応する。なお、導入費用に関して同社では、送信機の台数やコンテンツ制作、利用期間などを考慮して検討するとしている。