オリエント測器コンピュータ(オリエント測器、伊藤智章社長)は、HDDにピンを打ち込むことで物理的に破壊し、情報の漏えいを防ぐ手動式のHDD破壊マシン「BREAKS-EASY(HC-BRE-MT)」を発売した。価格は税別で18万5000円。

 データを記録する「プラッタ」に釘を打ち込むことでHDDを物理的に破壊し、情報を抜き出せないようにする。手動式のため、電源は必要なく、HDDを本体にセットし、ハンドルを上下するだけでHDDにピンを打ち込むことが可能。ソフトなどを使ったデータ抹消よりもすばやく、簡単に処理できる。故障し、動作しなくなったHDDからの情報流出も防げる。

 ピンは2.5/3.5インチ用と、3.5インチサーバー用の2種類を用意し、それぞれ20本ずつ同梱する。ピンの頭の部分は赤く着色されており、ピンを打つ込んだHDDが一目で分かる。本体は幅182×高さ345×奥行き164mmのコンパクトサイズ。持ち運び用の取っ手も装備する。