バイ・デザイン(飯塚克美社長)は3月5日、地上デジタルチューナーを搭載したフルハイビジョン(フルHD)対応液晶テレビ2機種を、同社直販サイトと「バイ・デザインyahoo!店」で販売すると発表した。同日から予約を受け付け、3月9日から出荷開始する。直販価格は、42V型の「LF-4200DFK」が21万9800円、47V型の「LF-4700DFK」が26万9800円。

 新開発の地上デジタル放送専用デジタルチューナーと地上アナログチューナーを搭載。独自のローコストオペレーションによって、40インチ台の地上デジタルチューナー内蔵フルHD対応モデルで20万円台の業界最安値を実現した。BSデジタル放送、110度CSデジタル放送、データ放送には非対応だが、選局に便利な電子番組表(EPG)には対応する。

 液晶パネルは1980×1080画素のフルHD表示に対応し、コントラスト比は1200:1、輝度500cd平方メートル、視野角は上下左右視野角176度。応答速度は「LF-4200DFK」が6.5ms、「LF-4700DFK」は6ms。また、高画質化回路「DCDi」を搭載し、地上デジタル放送のハイビジョン映像を忠実に再現する。

 デザインは10Wのスピーカーを左右に配置したサイドスピーカータイプで、本体カラーはブラック。入出力端子は、5.1chデジタル音声出力に対応した光デジタル出力端子やHDMI入力端子、D4端子、コンポジット入力、Sビデオ入力、パソコン接続用のアナログRGB入力、モニター出力などを装備する。