イーフロンティアは3月1日、グループ3社と4月1日に合併すると発表した。ソフト開発のアイフォー、音楽・映像ソフトや周辺機器の輸入を行うカメオインタラクティブ、オンラインゲーム事業などを手がけるフロンティアグルーヴを吸収する。

 合併後はイーフロンティアを存続会社とする。資本金は約6億2000万円で、合併前のイーフロンティア社長の安藤健一氏が、そのまま社長に就任する。イーフロンティアではソフト開発体制の強化と、統合による開発コストや設備、サービスなどのコストの削減といった経営の効率化を狙い、グループの経営体制を見直すことにした。