米レノボは米国時間3月1日、同社のノートPC「Thik Pad」に搭載する三洋電機製のリチウムイオンバッテリーで、一部に発火の恐れがあるとして、約20万5000個の世界的なリコール(回収・無償修理)を実施すると発表した。

 米レノボは米国時間3月1日、同社のノートPC「Thik Pad」に搭載する三洋電機製のリチウムイオンバッテリーで、一部に発火の恐れがあるとして、約20万5000個の世界的なリコール(回収・無償修理)を実施すると発表した。

 該当のバッテリーは、耐衝撃性に問題があり、パソコンを落とすなどしてバッテリーが強い衝撃を受けた場合に、過熱する恐れがある、というもの。レノボではパソコンを落とした際にバッテリーが過熱し火花が散ったというユーザーの報告を米国で4件、欧州で1件受けており、社内で検証したところ、バッテリーの衝撃性能に問題があることを確認。今回、自主回収に踏み切った。

 対象は、同社が05年11月から07年2月に販売した「Thik Pad」のRシリーズ「R60」「R60e」、Tシリーズ「T60」「T60p」、Zシリーズ「Z60m」「Z61e」「Z61m」「Z61p」。搭載バッテリーの製造部品番号が「(ASM P/N)92P1132」で保守部品番号「(FRU P/N)92P1131」の製品。また、別売りのオプションバッテリーも、製品型番「40Y6797」の製品が該当する。

 日本国内で販売された対象機種は「T60p」で、製品番号「2007-83J」「2007-93J」「2623-8KJ」「2007-8JJ」の製品が該当。また、オプションバッテリーは「ThinkPad Z60m/T60/R60シリーズ 9セル リチウム・イオン・バッテリー・パック」の製造番号「40Y6797」の製品、さらに「T60/Z60m/Z60pシリーズ 9セル&ウルトラベイバッテリーセット (40Y6797+40Y6789)」で製造番号「41N4118」の製品が対象。

 日本国内での対象機種の問い合わせと回収・交換については、専用サイト(http://www.ibm.com/jp/pc/support/battery.html)とフリーダイヤル(0120-277-874)で受け付ける。サイトでは該当機種のバッテリー部品番号を入力することで、交換の有無を確かめることができる。電話は年末年始を除く、10時から18時まで対応する。