松下電器産業は3月1日、デジタル放送のハイビジョン録画が可能なHDD-DVDレコーダー「ハイビジョンDIGA(ディーガ)」5機種を4月1日から順次発売すると発表した。

 ラインアップは、HDDとDVDを内蔵した「DMR-XW51」「DMR-XW31」「DMR-XP11」の3機種と、HDDとDVD、VHSビデオを内蔵したVHS一体型モデル「DMR-XW41V」「DMR-XP21V」で、「DMR-XW31」のみシルバーとブラックの2モデルを用意する。

 5機種ともに、デジタル放送特有のブロックノイズを抑える画像処理回路「美画質エンジン」を搭載。同エンジン内の「HDオプティマイザー」は録画時だけではなく、デジタル放送の受信時も高画質に再現するため、デジタルチューナーとしても使える。ハイビジョン番組をDVDに高画質で保存・再生できる高画質技術「美画質コンバーター」も盛り込んだ。

 また、新聞と同じ形式の電子番組表で、スポーツ、映画など好みのジャンルだけを表示できる「ジャンル別番組表」を搭載。選択したチャンネルだけを表示し、オリジナル番組表を作れる「お好み番組表機能」も装備した。番組表タイトルの「新」の文字を自動検出し、ドラマやアニメの新番組の第1話目を自動で録画する「新番組おまかせ録画」も新たに搭載。録画番組にも「新」の文字が表示されるため、再生時に番組をすばやく見つけることができる。

 また、同社製薄型テレビとのリンク機能「VIERA Link(ビエラリンク)」を「Ver.2」にアップデート。従来のテレビ側のリモコンを使った録画や再生といった操作のほか、「VIERA」側で設定したチャンネルや地域情報の自動転送や、「VIERA」のリモコンで見ている番組をわずか3秒で録画できるようになった。

 チューナーは「DMR-XW51」「DMR-XW31」「DMR-XW41V」は地上・BS・110度CSデジタルチューナー各2基と地上アナログチューナー1基、残り2機種は地上・BS・110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーを内蔵。「DMR-XW51」「DMR-XW31」「DMR-XW41V」では、デジタル放送の2番組同時録画が行える。HDD容量は「DMR-XW51」が1TB(テラバイト=1000GB)、「DMR-XW31」と「DMR-XW41V」は500GB、「DMR-XP11」「DMR-XP21V」は250GB。

 このほか、SDHCメモリカードに対応したSDカードスロットを装備し、デジタルカメラの写真の保存、再生、印刷ができる「テレ写」に対応。メモリカードに保存したSD動画(MPEG2)形式の動画も再生できる。

 本体サイズは「DMR-XW51」「DMR- XW31」「DMR-XP11」が幅430×高さ59×奥行き313mm、「DMR-XW41V」「DMR-XP21V」が幅430×高さ93×奥行き332mm。録画可能なDVDディスクは、DVD-RAM/-R/-R DL/-RW。

 価格はすべてオープン。実勢価格は「DMR-XW51」が20万円前後、「DMR-XW31」が13万円前後、「DMR-XP11」が8万円前後、「DMR-XW41V」が16万円前後、「DMR-XP21V」が12万円前後の見込み。