東芝は3月1日、記録媒体にHDDを使ったデジタルビデオカメラ「gigashot V10」で、本体カラーにダークチタンを採用したモデル「MEHV10(T)」を3月9日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は5万円前後の見込み。

 東芝は3月1日、記録媒体にHDDを使ったデジタルビデオカメラ「gigashot V10」で、本体カラーにダークチタンを採用したモデル「MEHV10(T)」を3月9日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は5万円前後の見込み。

 「gigashot V10」は、同社が開発した0.85型HDDを内蔵したコンパクトなHDDビデオカメラ。本体には、動画撮影用の録画ボタンと写真撮影用のシャッターボタンを個別に配置。撮影の設定などの操作を片手で行えるジョグダイアルも装備する。モニターは20.7万画素の2.0型TFTカラー液晶で、モニターを開けるだけで電源が入り、約4秒で起動する。

 有効画素数が動画で250万、静止画で500万のCCD、35ミリフィルムカメラ換算で38-190mmの光学5倍ズームレンズを搭載。手ブレ補正機能「シェイクエスティメイター」やHDDを衝撃から守る保護技術「ディプロテックス」も装備する。HDD容量は4GBで、MPEG2のハイクオリティモードで最大1時間25分、LPモードで4時間、約500万画素の静止画ならば約3000枚の記録が可能。外部メモリ用に、SDHC/SDメモリカードスロットも装備した。

 電源には専用充電式リチウムイオンバッテリーを使用。サイズは幅38.5×高さ103.8×厚さ59.5mm、重さは約225g。Windows Vista対応の動画編集・DVD作成ソフト「PowerProducer v4」なども付属する。